スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2007 / 01 / 29 ( Mon )
あなたはなににとらわれているの?

鍵はあなたの心にあるのよ


テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

00 : 50 : 28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
失恋
2007 / 01 / 24 ( Wed )
あなたの存在を「夢」と名づけるなら

それはなんて脆く儚いもの

それはなんて強く尊いもの

中途半端な自分を見透かされていたみたい

あなたに届きたくて

必死に駆け抜けた筈なのに

掴んだ瞬間この手から

砂のように零れ落ちる

私はあなたに夢中になりすぎた

一途な想いは全てを壊す


あなたしか見えなかった

あなたしか見てなかった

大切なものを傷つけてるのも気づかず

自分を見失ったことにも気づかず

そして私はあなたさえも失った

この気持ちを恋と例えるなら

私はあなたに失恋をした

そしてこの手にはなにもない

私の心さえも

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

00 : 34 : 44 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
錯覚
2007 / 01 / 16 ( Tue )
穏やかな日々が続いているはずなのに
夜になると涙が止まらない
気づかないふりをしても
静かに溢れ出て零れ落ちる

この気持ちは大分落ち着いたんです
哀しい想いは現在はないと信じているのに
知らんぷりで拭うほど この涙は確実に
私の体から止め処なく流れる

悪夢から逃げられたと思ったけど
目覚めた瞬間はまだ夢だった

静かな闇で嘆き悲しむ魂は
未だ古い記憶を乗り越えることができず
今夜もまた その瞳を滲ませる

喚き声も泣き顔も空に消え
それは誰にも気づかれぬまま

今夜もまた その瞳を滲ませる

私の知らぬ間に

テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

22 : 22 : 27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
空と風と太陽と
2007 / 01 / 08 ( Mon )
それはそれは透明な
透き通るほど水色の空

泣きつかれたあと仰いだ空
あたしのココロを透明にした

それはそれは透明な
燃えるような夕陽のオレンジ

泣きつかれたあと眺めた太陽
生きる意味が光っていた

それはそれは透明な
突き刺さるほど冷たい北風

泣きながら歩いていた
あたしの心を通りぬけた風


悴む手をあたためる術はなく

透き通るような空と風と太陽を

仰いでその手をかざしてみる

あたしの心は透明になる

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

00 : 01 : 40 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
僕にできること
2007 / 01 / 02 ( Tue )
僕が君にできること

君が恋してると知った
僕が君にできること

君がさみしいときは
僕が傍らにいてあげる

君がかなしいときは
僕が包んであげる



君がつらい思いをしてることを知った
僕が君にできること

向かい風の強い日は
僕が君の盾になろう

雨が降り止まない日は
僕が君の傘になろう


僕は君を守りたい
でも君に必要なのは僕じゃない


僕が君にできること
ここからそっと
君を見守ること

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

00 : 03 : 16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。